読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3月の「目玉」商品!

楽天
気が付いたら無くなっている。普段日本酒をほとんど飲まない息子ですが、この酒のうまさは分かったようです。こんな高級な酒を飲んでいると堕落すると思いながらも、その誘惑に負け、また注文してしまいました。

イマが買い時!

2017年03月28日 ランキング上位商品↑

クーポン プレゼント純米大吟醸「結の香(ゆいのか)生原酒 精米歩合40%」720ml:【200円OFFクーポン】【本数限定】【クール便専用】全国新酒鑑評会金賞受賞岩手の酒蔵あさ開 贈り物 父の日 母の日 ギフト プレゼントに日本酒 お酒を

詳しくはこちら b y 楽 天

店長!よく通販用に確保してくれました。「生原酒」という季節限定に弱いのです。うまいのであります。残念。軽やかで、すいすい入っていきます。どちらもうまい!おいしかった〜。私の分が少しになってしまいました。嬉しそうに手にしていただけました。あと1本残っていますので、大切に飲んでいこうと思います。年間を通じて、気が向いた時に飲めるのも楽しいですね。こういうお酒は!冷凍保存して!注文が来たら出荷するようなシステムはとれないものでしょうか。このお酒は私にとってもレパートリーのひとつになったように感じます。聞くところでは、生でない方の「結の香」のラベルがお色直しをするそうですね。うまし。いや、やっぱり季節限定だからこそ、飲みたさがいや増すのだと思います。前回の「夢の香〈生酒〉」もすごかったのですが!「結の香」の生酒はすごいのであります。 酒どころ京都伏見にお住いなのに、先生のこの反応にこちらまで嬉しくなりました。うまい酒が飲めてうれしいです。結局、私と二人で1本開けてしまいました。感謝!感謝。こちらも楽しみにしています。この前も書いたかも知れませんが、私はこのお酒を飲んで岩手を訪ねて、このお酒を育んだ土地と酒蔵を見学したいという思いが募ってきました。家内と冷蔵庫争奪戦はあるものの!生酒の魅力には勝てません。火入れした物と同時に初めて飲む「結の香 生原酒」も併せて購入。そしてまた、その旨さは「今しか味わえない」という条件で一層増幅するのです。気が付かないうちに4合ビンが半分以上空いてしまった。息子が来宅したので、風呂上がりに飲ましてやりました。味わっている内にもう一杯。酒米から大切に育てたことが伝わってくるよな優しい酒が普段の「結の香」の特色ですが、生原酒の「結の香」は華やかさを秘めた、でも優しい酒です。あっという間に終わって!もう一杯。。本当に自分の体に入っていったのか? だが、確かに脳にアルコールは回り始めている。主人が喜んで飲んでいました。米寿を迎えた母を1番良く分かってくださっているのが!20年来の付き合いになる整形外科のお医者様。これが生酒の魅力なのですね。そのあと夕食、鍋になったので「ビールにするか」と聞いたら「さっき飲んだあの酒が良い」と言いました。 あさびらきさん!ありがとうございました。どうにか元気に88歳ですと、お渡ししたら、いつもは寡黙なイメージのお医者様が「あさびらき? 知ってますよ! で、銘柄は何?」子供のようなお姿にすかさず「あさびらき新聞」を。